• キレイな唇の女性
  • 施術後の過ごし方

    笑顔でガッツポーズの女性

    えらが張っている原因は様々です。
    下顎角部の骨が肥大している場合もあれば、その部分の筋肉が発達してえらが大きく見えてしまっている場合や、太って脂肪がついてしまっているような場合などがあります。
    何が原因となっているかによって治療法が変わってきますので、かかる費用も自ずと変わってきます。
    たとえば骨格由来の原因でえらが張っている場合には、骨を削る美容整形手術が有効です。
    この手術は、全身麻酔が施された上で行われるかなり大掛かりな手術です。
    したがって、料金も高額になる傾向があり、100万円以上かかるケースが多いです。
    一方、筋肉の発達が原因になっている場合は、筋肉を痩せさせる効果があるボトックス注射が利用されることが多いですが、その場合の治療費はだいたい5~10万円前後になっています。

    一昔前のえら削り手術では、顎の下や耳の後ろからメスを入れて骨を削る方法が取られる場合が多かったのですが、最近は口の中にメスを入れてそこからアプローチする方法が一般的になっています。
    口の中にメスを入れた場合には、外から傷跡が見えてしまう心配が一切ありません。
    もちろん、顎の下や耳の後ろにメスを入れる場合でも、なるべく切開口を小さくする努力がなされますし、時間が経てば傷跡が目立たなくなります。
    でも、できることなら皮膚に傷跡は残したくないと考えるのが普通です。
    また、口の中は粘膜でできていますので、皮膚を切開した場合よりも、回復が早いというメリットがあります。
    術後しばらくは傷の痛みを感じることになりますが、粘膜の再生能力は非常に高いので、想像以上に早く普通の生活に戻ることができます。