• キレイな唇の女性
  • 小顔への憧れ

    青いファイルを持つ看護師

    小顔ブームの影響や輪郭を整えることで顔立ちがきれいになるという理由で、美容外科でえら張りを治療する人が増えています。
    輪郭が角ばっている、大きいという人には何通りかの理由が考えられます。
    一つは骨の形でそうなっている場合、もう一つは筋肉が原因の場合、後は肥満によるものです。
    筋肉を小さくする方法としてボトックス注射があります。
    これは筋肉の収縮を抑えるもので、こわばっていた筋肉を和らげ小さくしていくものです。
    この注射だけで、顔の顎回りがすっきりします。
    もう一つの方法は顎の骨を削ることです。
    口の中から手術を行います。
    口の中を切り、とがった骨を削り、余分な筋肉を取り除きます。
    この手術は一回で完璧にえらをなくし、小顔になり、望みの輪郭を得ることができます。

    小顔ブームは続いており、また整形に対する抵抗感も少なくなりつつあるので、えらを削る手術は増えていくと思われます。
    各美容外科でも力を入れている部分です。
    骨を削るということと、全身麻酔で行われるため、細心の注意が払われています。
    そのため、カウンセリングも丁寧に行われます。
    まず骨格のレントゲン写真を撮影します。
    現在は顎の先端の骨だけではなく、輪郭に沿って骨を削る手術もあります。
    また出っ歯や、受け口、顎が長いなどの輪郭に悩みにも、骨を消する手術で対応するようになっています。
    またさらに全体的に小顔を目指す人のために、頬骨を削る手術も取り入れられるようになりました。
    頬骨を削ることで、顔のバランスがよくなり、鼻が高く見えるという効果もあります。
    各クリニックは、えら張りの解消だけではなく、輪郭のラインの美しさを求めて、患者に術後の予想図を画像で説明し、どの部分の骨を削るかを提案しています。