• キレイな唇の女性
  • ボトックスの利用

    黒ファイルと聴診器

    顔が他人よりも大きいという悩みを抱えている人がたくさんいます。
    顔が大きいと全身のバランスが崩れてしまいますので、あまり美しい印象にはなりません。
    顔が大きく見えてしまう原因はいくつか考えられます。
    たとえば、顔にたくさんの脂肪がついて顔全体が膨らんでしまっている人や、加齢によって垂れ下がった皮膚のために顔が大きく見えている人などがいます。
    また、骨格自体が原因となっているケースやえら周りの筋肉が発達しているために顔の印象が大きくなってしまっている人などもいます。
    いずれの場合も、美容外科クリニックで治療を受けることによって、悩みを解消することができます。
    骨格や筋肉に由来する原因で顔が大きく見えている場合には、セルフケアで症状を改善することができません。
    そんな時には、美容外科医に相談してみるのが一番です。

    大きい顔を少しでも小さくしようと、食事制限を行ったり、むくみを取るフェイスマッサージを行ったりしている人が少なくありません。
    ただし、脂肪やむくみが原因とはなっていない場合にそのような努力をしても、何の意味もありません。
    確実に小顔にしたいと希望しているのであれば、顔が大きく見えている原因を正しく見極めるところから始める必要があります。
    しかし、素人では正確な判断が難しいので、美容のプロである美容外科医に診断してもらうのが確実です。
    もしも脂肪がたくさんついていることが原因となっているのであれば、脂肪の溶解と排出を促進させるメソセラピーの治療などを適しています。
    また、骨格そのものが原因となっている場合にも、骨を削る整形手術を受けることができます。